2017年10月6日金曜日

女子バスケ部★優勝

市民体育祭★優勝


学校総合体育大会で再延長で負けた相手に、同じコートで、同じベンチで、同じ試合展開での決勝となりました。学総のときには逆転を許してしまったものの、この新人戦ではあの悔しさをバネに頑張ってきた夏の練習を胸にリードを守り続け、見事勝ち切ることができました。残り11秒、2点差でマイボールとなり、タイムアウト。選手たちとやりきろうと心を一つにし、最後には落ち着いてパスを回し、植田さんが決定打となるシュートを決め、試合終了。こんなに嬉しいものかと思うぐらい本当に嬉しい優勝、県大会出場決定でした。正直、試合前には私も子供たちも緊張し、不安を感じていました。試合終盤では、「まさかまた…」という思いが一瞬、脳裏をよぎったことと思います。しかし、子供たちの心の成長により、51-47という結果で終わることができました。接戦ではどれだけ平常心を保って試合をできるかです。子どもたちはそのために日頃から常に試合を意識した練習を行ってきました。だからこそ大切な場面でいつものようにプレイすることができたのだと思います。「練習は裏切らない」ということを証明してくれた試合となりました。
そして卒業生の保護者の皆さまをはじめ、たくさんの方々の温かいご声援を背中で感じることができ、うれしさが胸にこみ上げてきました。試合後にも保護者の皆さま、他校の先生方、在家中の先生方、生徒、たくさんの人に「おめでとうございます」と言っていただき、こんなにもたくさんの方々がお祝いをして下さることに大変驚いています。子どもたちが目指す「誰からも愛されるチーム」になっているのだなあと改めて実感しました。試合に出てチームの為に体を張ってコートで戦ってくれたメンバー、いつも一緒にきついメニューを乗り越え、コートには立てなくてもベンチで大声を出して応援してくれたメンバー、壮行会でかっこいい姿を見せてくれた在家中女子バスケ部のみんな、本当にありがとう!君たちと共に戦い、共に勝ち切れたことを誇りに思います。また宝物が増えました。県大会も一緒に頑張ろう!
この新人戦で感じた周りの方々の温かさ、勝ち切れた嬉しさを胸に、そして在家中学校が学総でしたような悔しい思いをした川口市の学校のために、県大会優勝目指して頑張ります。応援ありがとうございました。